『日本神話』とは?


こんにちは、凛です。

いきなり変なカミングアウトから私の記事はスタートします。すみません! m(_ _)m

実は、、、この『日本神話とは?』の ”くだり” は、できれば書きたくないと思っていました。

なぜか? 生々しくて、まったくロマンティックじゃないからなんです。
でも、日本の歴史や神様をテーマに執筆するうえで、どうしても外すことができない「基本の”き”」となる部分になりますので、どうか紹介させてください(>_<)

『日本神話』とは何でしょう?

『日本神話』とは何でしょう? 簡単に言うと「昔から伝わる神様たちのお話」です。

その元となっているものが、『古事記こじき』と『日本書紀にほんしょき』と言われる国策で作られた ”歴史書” と、各地で作られた『風土記ふうどき』なんです。

さてさて、この『日本書紀にほんしょき』や『古事記こじき』という名前は、皆さん学校の授業で一度くらいは耳にしたことがあると思います。有名ですもんね。

この歴史書が作られた時代は、「古事記こじき」が『西暦712年』、「日本書紀にほんしょき」はそれより8年遅く『西暦720年』に、実に ”30年以上の歳月” をかけて完成したと言われています。

『国策』とは言っても、現代のような国家としての「公正で公共の立場」に立ったものではありませんでした。国家とは権力者(天皇家や豪族)のものであり、その正当性を示すために、”都合の悪い事” が書かれていない、ものすごくカッコいい『歴史書』を作ることが ”国家の一大プロジェクト” でした。

この2つの歴史書は、ともに『天武天皇てんむてんのう』の命令で作られました。
内容は、「この国(世界)を作ったのは神様で、その神様は自分たちの祖先です」というものです。
でも結局『天武天皇てんむてんのう』は、これらの完成を見ることなく崩御ほうぎょされ、次の天皇の代でようやく完成したんですけどね。

古事記こじき』と『日本書紀にほんしょき』は大体同じようなことが書かれています。
ではなぜ、同じ時期に、同じような内容の「歴史書」が2つ必要だったのでしょうか?

それは、この2つの書物の ”違い” に着目することで見えてきます。

まず『古事記こじき』、こちらは当時の日本人に読み易い『日本漢文体』という漢文を組み替えたもので書かれています。そして、一族の家系を軸にした『物語』のように書かれています。

一方で『日本書紀にほんしょき』は、『大陸(中国や朝鮮)』の人に読みやすい『漢文体』で書かれていて、「時系列」を基に内容が淡々とつづられていて、まるで『記録書』のようです。

古事記こじき』は ”国内に対して、国を治めるため” に、『日本書紀にほんしょき』は ”大陸に対して日本と言う国をアピールするため” に書かれたものなんです。

はい!歴史書 編さんに関する ”つまらない”「背景」や「経緯」の ”授業” はこれで終わりです 笑  そして、こんな ”裏事情” を抜きにすれば『古事記こじき』や『日本書紀にほんしょき』は、それはそれは「興味深くて、面白い物語」です。

『日本神話をもっと簡単に(*´ω`*)』

日本神話にほんしんわ』は『古事記こじき』と『日本書紀にほんしょき』をもとにして出来ています。
この2つの書物は、大体同じような内容なのですが、細かいところで違いがあります。

この『日本神話にほんしんわを簡単にまとめると?』の章では、両書の内容を、私の ”超個人的な見解” でまとめています。両書の ”いいとこどり” ですね。

だって『古事記こじき』では〇〇だけど、『日本書紀にほんしょき』では△△とされる、なんて書かれたら伝わらないじゃないですか 笑

なので、今後『日本神話にほんしんわ』ときたら、「あぁ、古事記こじき日本書紀にほんしょきを混ぜたやつね」と思ってください。どうしても混ぜ切らない部分は本文とは別に解説しますね。

※これは『古事』と『日本書』を合わせた『記紀神話ききしんわ』とも言われますが、今回は『日本にほん神話しんわ』で統一します。

先程も書きましたが、『日本神話にほんしんわ』は大変「興味深く、面白い」物語です。
ただ、「なかなか理解ができないよ~ 泣」と言われる方が多いのも事実です。

何がそんなに難しいと言われるのでしょうか?
それは登場する神様の「名前」が ”聞き慣れない” うえに ”やたらと長い!” ことです。
そして、登場する神様や天皇の数がかなり多いことだと思います。

例えば・・・
宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのみこと』なんて神様も登場するんです!
アンタ(;゚Д゚)ダレ!?

でも、安心してください♪
(本文)では漢字・カタカナ・ひらがなを駆使くしして、さらに愛称や通称などで、なるべく印象に残るように、ご紹介したいと思います!
(神様ごめんなさい、m(_ _)m)

さらに、紹介する神様は、超重要な方だけにして、まずは、お話そのもの・・・・を楽しんでもらえればと考えています(*‘∀‘)

(本文)となる部分は『日本神話にほんしんわ』の表現をなるべく保ちつつも、物語を理解するうえで必要無いかなぁと感じる ”くだり” は大胆に ”ハショって” いきますよ~。

本文では伝えきれん!って場合はどうしましょ?

『凛のトリビアPOINT!』というコーナーを設けています。

このコーナーは、読まなくても、知らなくても物語は楽しめるんだけど、知っていれば ”ちょこっとだけ” 自慢できるようなトリビア、私がココだけは深堀りした方が断然楽しくなるよぉ!と思っているトリビア、超個人的な見解や妄想♡などなど・・・ そんなものを紹介しています。

日本神話にほんしんわ』の中で、何より私自身が、本当に ”面白いなぁ” と感じるのは、神様が少しずつ進化していくという点です。身体の進化を経て、心の進化(感情の芽生めばえ)へと・・・そして進化した神様が、意外と『人間くさくなっていく』ところです。怒ったり、悲しんだり、嫉妬しっとしたり、女々めめしかったりするんです、やがては嘘をついたり、だましたり 笑。

時には「勘違い」から、神様同士のトラブルに発展するなんてシーンも書かれています!

そんな神様たちの進化や喜怒哀楽きどあいらくが、ただの歴史書という枠を超えて、物語としての面白さを引き立てているんだと思います。皆さんもぜひ、そんなところにも注目していただけたらと思います。

いざ、神々の世界へ!

私はこんな風に考えています。

今から1300年以上も前、まだ ”この世” と ”あの世” の境もはっきりしない時代。人々は夜の闇におびえ、葉の揺れる音におののき、異常気象や病気の流行には ”人知を超えた神の力” を感じたことでしょう。

実はあったのかもしれませんよ、神話に出てくるような ”超不思議な出来事” が。
そして実在したかもしれません、”神様みたいな凄いことをした人” が。

日本神話にほんしんわ』は実話を基に誕生した。

さぁ、一緒にのぞいてみましょう! いにしえの神々の世界、 ”この世” と ”あの世” が交差する場所を。

『日本神話を簡単にまとめると?①』

教えて♡ 神様、仏様!トリビア♪へ

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする