[Lico] 小さいながらも御利益は絶大⁉『小網神社』(東京都中央区)

東京メトロの日比谷線と、都営地下鉄の浅草線が乗り入れる「人形町駅」を降りて、歩くこと5分。東京都は中央区、日本橋小網町に背の高いマンション(ビル)に挟まれるように佇む、小さな神社・・・『小網神社』が鎮座しています。

小網神社は「強運厄除けの神」「東京銭洗い弁天の社」とも呼ばれるとても人気のある神社です。

毎年11月に行われる新嘗祭・・・通称『どぶろく祭』などが賑やかに開催されることでも有名です。

「どぶろく」とはお米で作った白く濁ったお酒のことですね。五穀豊穣に感謝を込めて醸造したお酒を奉納していたことが今でも伝わっているんです。この日も6月30日に行われる「夏越の大祓い」に向けた準備が進められていました。

鳥居の柱の間には『茅の輪くぐり』の大きな“輪っか”が括り付けられていますね。

↓鈴の首飾りをした狛犬です。珍しいと思います。

↓絵馬所にはたくさんの絵馬が奉納されています。

小網神社のご祭神は『倉稲魂神(うがのみたまのかみ)=お稲荷大神と
宗像三女のひとり『市杵島比賣神(いちきしまひめのかみ)』=弁財天
福禄寿などです。

↓三連の社頭の鈴とお賽銭箱

御守りとたくさんの種類がある御朱印帳。

社務所には様々なみくじも!左から『金運おみくじ』。本当にキンキラキンで“有り難い”感じがします。
和柄の織製ワッペンが入った『日本御御籤(にほんおみくじ)』
『おみくじ(日本語ver)』と『おみくじ(英語ver)』
『まゆ玉みくじ』白いまゆと黄色(金色)のまゆ玉があります。

↓『東京銭洗い弁天』のブロンズ像と洗い場。
弁天様が ”万福船” という船に立ち乗っている姿です。

足もとには縁起物の亀

↓『小網福禄寿』のブロンズ像

参拝を終え、御朱印を頂きました。

————————————-
日本の神話について分かりやすく解説しています。

凛の『教えて♡神様、仏様!トリビア♪』を見る。

————————————-

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]