[Lico]神々の島ジパング[番外編] 大人気の御朱印帳がある「ハワイ出雲大社」

日本からおよそ6500㎞離れた北太平洋の楽園、ハワイ諸島の“オアフ島”には、日本からの移民によって建てられた神社がいくつか鎮座しています。今回は遥か海を超え、ハワイに根付いたもう一つの『ジパング』をご紹介します。

ホノルル市街のダウンタウンに(ワイキキから車で15分程度)、『ハワイ出雲大社』が鎮座しています。

良く晴れた気持ちのいい空に向け伸びた“千木”と、揺らめく“鯉のぼり”。綺麗ですね~。

「IZUMO TAISHA MISSION」と書かれた看板。

河のほとりに石造りの鳥居があります。次々に参拝客が訪れますが、やはり日本の方が多い気がします。

今からおよそ130年以上前の明治時代に、日本の国策として行われたハワイへの移民。遠い遠い、祖国を想い偲んで、人々の心の拠り所となるべく、島根県の『出雲大社』から分霊され、創建されました。

ハワイを漢字で書くと『布哇』となります。『布哇出雲大社』

鳥居の脇には姉妹都市広島から寄贈された「広島平和の鐘(The Bell of Peace)」が設置されています。

太平洋戦争の始まりの象徴となったハワイと、終わりの象徴となった広島・・・。平和がいつまでも続きますようにと、願うばかりです。

社名石碑

↓こちらが手水舎です。

↓たくさんの千社札が貼ってありますね。

↓手水鉢もかなり立派です。

↓ハワイの神社では手水鉢にペーパータオルが備え付けられているんですよ。清めた手を拭くためのものです。日本では、まず見ない光景ですよね。

見てください!狛犬がレイ(花の首飾り)を付けていますよ~。

トロピカルな雰囲気でとっても可愛いですよね。

こちらが拝殿となります。中では御祈祷も行われます。

ハワイ出雲大社の主祭神は、日本の出雲大社と同様、『大國主大神(おおくにぬしのおおかみ)』と、ハワイでもともと信仰されていた土着の神『ハワイ産土神(うぶすなのかみ)』です。

出雲大社と言えば、大きな『注連縄(しめなわ)』です!ここハワイ出雲大社でももちろんありました!

境内はそれほど広くはありません。本殿脇にある社務所へ向かいます。たくさんのハワイらしい御守や札、御朱印帳が領布されています。

中には『LOVE』や『HAPPINESS』といった可愛いものから・・・

ホノルルマラソンなど有名なレースもあるので『Marathon(マラソン)』、水難除けに『WATER SAFETY』といった変わった御守りまでありました。見ていて飽きないですし、どれも可愛くてなかなか選べません。

参拝を終え、御朱印を頂きました。

こちらが、ハワイ出雲大社で領布されているピンクの花柄の御朱印帳です。とっても可愛いですよね!

中は『Aloha!』や『移民が伝えるAroha spirit』などの文字が。ハート型の『TRAFFIC SAFETY』のシールもとっても可愛いです。

ピンクの『HAPPINESS』お守りを頂きました。

南の島、ハワイで感じる日本・・・。

ここには日系移民の方々の大変なご苦労と、それでも祖国を想い、愛した人々の人生ドラマが詰まった場所なんだとなぁと感じました。

————————————-
ハワイ金刀比羅神社・ハワイ太宰府天満宮を見る
ハワイ大神宮を見る
ハワイ石鎚神社を見る

————————————-
日本の神話について分かりやすく解説しています。

凛の『教えて♡神様、仏様!トリビア♪』を見る。

————————————-

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]