【神々のルーツ】日本書記にも登場!『火の玉』は本当にいるのか?

こんにちは、凜です。

突然ですが、皆さんは『火の玉』を見たことがありますか?

現代科学では解明されない “ミステリアスな現象” は誰しも多少の興味があると思います。

ましてや、これが “神話”や、“脈々と語り継がれてきた伝承”と相まったりすれば、“歴史ミステリーロマン”ということになりますよね。

こんなことを言い出したら、物理学の権威、『大槻おおつき教授』に「それはプラズマだ!」と激しく怒られそうなんですが・・・

今回はそんな日本が誇るミステリー、『火の玉』に焦点を当ててみたいと思います。

日本には、昔から伝わる“怪奇でミステリアスなもの”がたくさんありますが、特に『火の玉』は、『人魂ひとだま』や『狐火きつねび』といった “空飛ぶ炎体” として怪談かいだんや昔話、歌舞伎かぶきのや浮世絵うきよえなど様々な大衆文化の中に登場します。


『江戸名所 王子 狐火』

※現代の私たちがイメージする『火の玉』は、丸めてつるるされた ”布” に、焼酎しょうちゅうをしみ込ませて火をつけた歌舞伎かぶきの『焼酎火』という芸から来ているのだと思います。

『火の玉』は、人や動物が亡くなった時に、体から『魂』が抜けだしたものだ!ということから『人魂ひとだま』と呼ばれたり、死人の怨念おんねんが宙を漂っているんだ!ということから『鬼火おにび』などとも呼ばれています。

また『狐火きつねび』といって、松明たいまつのようなあかりりが “いたり消えたり”、時には “行列になって移動する” ことから『きつね嫁入よめいり』と遭遇そうぐうしたんだ!なんてささやかれることもあります。


『歌川広重 名所江戸百景 王子装束ゑの木大晦日の狐火』

中には少し科学的な話で、動物の骨の中にある『リン』が風雨にさらされることで、燃焼して「青白い炎に見えるから」なんて説も唱えられています。

でも、これらは科学的に解明もされていませんし、実際にこの目で見ようと思っても、なかなか出くわすことは難しいそうですよね。

だからといって、北欧や北極で観測される『オーロラ』、暑い日に現れる『蜃気楼しんきろう』などの存在を疑う人はいません。だって実際に見えるんだもの!カメラにも映るし。

と、いうことで私は個人的に『火の玉』は絶対にいるんだと信じております。

さて、歌舞伎かぶきのや浮世絵うきよえといった江戸時代の大衆たいしゅう娯楽ごらくだけではなく、日本最古の国策歴史書である『日本書紀』にも、実は『火の玉』が描かれているのをご存じですか?

第12代『景行けいこう天皇』が「熊襲くまそそむきて、朝貢ちょうけんせず!(九州南部の荒ぶる部族が、朝廷である我々に従おうとしないので怒っている!)」と言って、自ら九州を平定しようと遠征えんせいした際のお話です。天皇の征伐せいばつ軍一行は、軍船に乗って海を進むわけですが、熊襲くまそ(現在の熊本県あたり)で闇夜の海で迷っている時に、はる彼方かなたの沿岸に、横一文字で松明たいまつの炎のような明かりが灯り、無事に一行を沿岸に導いたという『不知火しらぬい伝説』があります。

熊本を『火の国』と呼ぶ由来は、“阿蘇山の火山” と、この “不知火しらぬい” から来ているとも言われています。

この『不知火しらぬい』は、はるか沖合に “まるで松明たいまつの炎が並んでいる” ように見えるという自然現象なのですが、(気象条件がよければ)実際に見ることができるんですよ!

それは、熊本県宇城うき不知火しらぬい町にある『永尾剣神社えいのお つるぎ 』の境内けいだいから、夏の夜中0時から3時にかけて、海上を数キロに渡って浮かぶ “あるはずのない炎の列” を見ることができるそうです。

この現象は、蜃気楼しんきろうの一種だとされていますが、私個人としては、『人魂ひとだま』や『鬼火おにび』『狐火きつねび』、はたまた『火の国に誘う幽玄灯ゆうげんとう』の方がミステリアスで好きなんですけど・・・

是非皆さんも、一度、火の玉を探しに出掛けてみませんか?

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]