【神々のルーツ】神降りる場所『神籬』とは?

こんにちは、凜です。

皆さんは『神籬ひもろぎ』という言葉を聞いたことがありますか?

神道で『祭壇』や『神様が降り立つ場所』『神様をお招きする場所』を示す言葉です。

古来より日本では、この世の “ありとあらゆる物や事象” には “神が宿っている” と信じられてきました。これが『八百万やおよろずの神』ですね。

深くおまつりして、神様におだやかでいてもらえれば、健康で豊作豊漁、豊かな生活を送れる。逆に疫病えきびょうや異常気象などのわざわいが起きるのは、神様が怒っているからと考えていました。ですから年に何回かは決まった神事を執り行い、感謝の気持ちを伝えたり、信仰する気持ちを表しました。また、天変地異など、「何か良からぬ事」が起きれば、儀式を行って怒りを鎮めたりしていました。

神様は、とにかく “放っておかれる” のが嫌いです。神様に対する最大の『不敬』は “忘れ去ってしまう” ことです。そのため常に「貴方のことを信仰していますよ!」という気持ちを示す必要があって、それがやがて『例祭れいさい』や『歳旦祭さいたんさい』、『新嘗祭にいなめさい』といった祭祀さいし神事しんじの元になっていきました。

さて、そのような祭祀さいしや、加持祈祷かじきとう願掛がんかけの儀式を行う際は、神様に降りてきていただかなければなりません。この神を降ろす場所を『神籬ひもろぎ』と言うのです。そして神が直接的に宿る“物”(樹や岩が多い)を『依り代よりしろ』と言いました。

神社が建てられる以前の『古代』では、『依り代よりしろ』に『玉垣たまがき』と呼ばれる囲いを巡らして、『注連縄しめなわ』で神域を保護しつつ、神様が降りてきやすい環境を整えようとしました。この『垣』が後世に『籬』となったともいわれています。

神社が建てられるようになると、次第に神事は社内で執り行うことが習慣化されますが、社殿の中に玉垣たまがきを作り(特別な神域として)おまつりすることもあったようです。

今でも、本殿の周りには、ぐるりと『御神垣おみかき』で囲まれている神社が多いのは、この『玉垣たまがき』から派生した風習です。

日本の国内には、古代から『依り代よりしろ』や『神籬ひもろぎ』として、現代でもおまつりされている場所が多くあります。そのような場所では、単に “手を合わす” のではなく、古代の人々がどの様な心境で、「そこに神を見たのか」という背景にまで、思いをせてみるのもいいかもしれませんね。

————————————-
日本の神話について分かりやすく解説しています。

凛の『教えて♡神様、仏様!トリビア♪』を見る。

————————————-

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]