[Lico] 最高神!アマテラス『伊勢神宮』内宮参拝(三重県伊勢市)

伊勢神宮『内宮』は、休みの日ともなれば、周辺道路が渋滞し、駐車場も入庫待ちになるほどの賑わいを見せます。さすがは日本を代表する神社ですね。大型バスが何台も入っていきます。そんな賑わいと活気のある広間に『宇治橋』と呼ばれる橋と『宇治橋の鳥居』が出迎えてくれます。

伊勢神宮内宮は『皇大神宮(こうたいじんぐう)』とも呼ばれ、主祭神は日本神話の最高神『天照大御神(あまてらすおおみかみ)』です。

皇室の御祖神(ご先祖様)で、日本国民の『総氏神』という神様です。およそ2000年もの長い歴史があるんです!(垂仁天皇期 創建)

20年に一度『式年遷宮(しきねんせんぐう)』と言う、社殿を建て替えて、神様に移って頂く儀式を1300年もの間(62回も)続く伝統は、日本文化そのものであり、重みを感じますよね。

さて、さっそく参拝をしにまいりましょー( *´艸`)

↓ここが伊勢神宮の神域の入口です。
『宇治橋』は見た目にもたいへん立派な橋です。下を流れるのは『五十鈴川』。日本神話でも、お馴染みですよね。

↓今日はとても暑い日。上流で川遊びをしている子供たちの姿が見えます。神聖な川も、地元の子供たちにとっては日常の遊び場なんですね・・・羨ましい。

↓外宮とは違って、『神苑(しんえん)』と呼ばれる神様のお庭が、どこまでも続いています。ここを参道として進んでいくんですね。スケール感がとてつもない!

↓参道の途中に、こちらもたいへん立派な『手水舎』が現れます。

↓五十鈴川の川面に降りる石段が見えてきます。ここは五十鈴川の『御手洗場(みたらいば)』と言って、お詣りの前に手を清めます。

清らかな流れの中で小魚がキラキラと泳いでいました。かつては、川の中まで入って、禊(みそぎ)を行ってから参拝したのだとか・・・。

さらに参道を進むと、いよいよ緑は、深く、濃くなっていきます。
雰囲気というか、場の空気というか、明らかに今までの参道とは違う場所に入ってきました。苔むした感じも相まって、何か強い神気を漂わせています。

↓『正宮』足元の石垣です。中央にある巨岩(一枚岩)・・・どの様に運んで、積んだのか・・・。

↓20段ほどの石段を見上げると、そこには伊勢神宮の主祭神『天照大御神』が鎮座する『正宮』拝殿の屋根が見えてきます。
写真の撮影は、この石段の下までです。

外宮とは社殿の配置が若干異なりますが『御垣内(みかきうち)』には、拝殿から先に「4重」もの板垣が張り巡らされていて、『御正殿』の姿を見ることが出来ません。

およそ2000年前、天照大御神は、なぜこの地を選び、鎮座したのか・・・。天皇であっても見ることが出来ないとされる三種の神器のひとつ、『八咫の鏡(やたのかがみ)=天照大御神そのもの』が祀られているんですね。誰も見たことがない神器・・・ミステリアスですね。

↓『正宮』から『荒祭宮(あらまつりのみや)』へと続く道沿いに神気漂う巨木が立っています。特に『注連縄(しめなわ)』などもないため、参拝者が触っても良いとされ、長年人々に撫でられた表面はツルツルすべすべになっています。

通りかかる人が次々にパワーを頂いていました(*’▽’)

↓『御稲御倉(みしねのみくら)』神様にお供えするお米を納める神聖な倉です。『神明造り』という独自の建築様式で建てられています。

↓『外幣殿(げへいでん)』

内宮内・別宮『荒祭宮』

『正宮』の奥を進むと、ひっそりと佇む『荒祭宮(あらまつりのみや)』が現れます。こちらは、天照大御神の『荒御魂(あらみたま)』をお祀りしている神社で、内宮の別宮で最も格式の高い神社です。

そして『私幣禁断』の伊勢神宮において、個人的なお願い事をすることができる数少ない神社なのです!

↓『神楽殿』の大屋根が見えてきました。

↓『神楽殿』神様へのお供え、御神楽の奉納、ご祈祷などが行われます。ここでご朱印やお札を授けていただけるんです。

↓『御饌殿(みけでん)』奥手が『神楽殿』

参拝を終え、御朱印を頂きました。

↓神楽殿から参集殿に向かう途中にキレイな池があるります。その畔にある、ちょっと小さめの『手水舎』です。

↓内宮には『参集殿』と呼ばれる無料休憩所があります。
建物の中はクーラーも利いていて、快適な空間でした。

《その他:伊勢の旅》

憧れの『伊勢神宮』真夏のお蔭参り♪

おみちびきの神様『猿田彦神社』

豊受大御神をお祀りする聖地『伊勢神宮(外宮)』

月の様に静寂、しっとりと落ち着いた『月夜見宮』

アマテラスの弟神を祀る『月読宮』

食べ歩きが楽しすぎる♪伊勢参りに『おかげ横丁』

 女性の願い叶えます!“石上さん”と『神明神社』

・ 夫婦岩と禊とカエルの神社『二見興玉神社』

才女の代名詞、倭姫を祀る『倭姫宮』

————————————-
日本の神話について分かりやすく解説しています。

凛の『教えて♡神様、仏様!トリビア♪』を見る。

————————————-

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]