[Lico] 縄文遺跡と出世稲荷『代々木八幡宮』(東京都渋谷区)

小田急『代々木八幡宮駅』を出て、山手通り沿いに歩くこと数分、小高い丘に向かって石段が延びています。

ここは標高30メートルの高台にある、豊かな森に佇む『代々木八幡宮』です。

一の鳥居をくぐると、静かな森の中に、石畳と玉石の参道が続きます。

↓二の鳥居の先に社殿が見えてきます。

↓『決別の碑』、、、対になった石灯篭です。

↓『手水舎』です。

↓社殿です。
鎌倉時代の1212年に、源氏の氏神社、鎌倉の『鶴岡八幡宮』から勧請したのが始まりとされていて、およそ800年もの歴史があります。

主祭神は八幡さまこと『八幡神(応神天皇)』です。

↓社殿前の狛犬

ここがパワースポット!

社殿の右脇には、小さいながらもかなり有名なパワースポットである「出世稲荷」があります。

鳥居の『貫』には参拝者が願掛けして積んだと思われる、たくさんの石礫。

『代々木出世稲荷大明神』ののぼり。
著名人もお忍びで参られると言われています。

確かに、祠に向けて、何か ”神気” のようなものを感じました。

赤鳥居の脇の対のお稲荷さん

左右でまったく顔つきが違います。尻尾や身体、耳などを見比べると、本来バラバラの彫刻だったのかもしれません。

たくさんのお稲荷さん

だいぶ長い年月が経っているのでしょうか、崩れてしまっているお稲荷さんもいますね。

↓稲荷社の祠

↓『富士登山記念碑』と呼ばれる石碑の前にいる石像です。耳の形、顔つき、巻いた尻尾・・・これは犬ですね。

↓『御神木』

↓可愛らしいイラストの「お作法案内」
~How to worship~

おみくじは「おみくじ」「恋みくじ」「幸せを呼ぶ:鳩みくじ」の3種類がありました。

全部で7種類の、八幡様の遣いである鳩のお守り入りです。

たくさんの絵馬が奉納されていました。招き猫の絵柄です。

参拝を終え、御朱印を頂きました。

縄文時代の集落跡や遺物が出土!

さて、ここ代々木八幡宮の境内は、石器時代~縄文時代の集落の遺跡『代々木八幡遺跡』が発見されました。そこから様々な歴史的な遺物が発掘されます。

境内には発掘された石器や土器が展示されています。人形を使って、人々の暮らしも再現されています。

竪穴式住居の『竪穴』も発掘され、当時の姿が再現されています。※少し藁ぶきが傷んでしまっていますが・・・

↓日露戦争出兵の『表忠碑』


————————————-
日本の神話について分かりやすく解説しています。

凛の『教えて♡神様、仏様!トリビア♪』を見る。

————————————-

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]