相模の国一宮、日本で唯一の八方除けの神『寒川神社』

神奈川県高座郡寒川町に「八方除け(はっぽうよけ)」の神を祀る『寒川神社』がある。

歴史を感じる大鳥居の先に、本殿へと続く内参道が延びる。

拝殿。大変立派な建物。一宮とはその地域で最も権威ある神社を指す。ここ寒川神社は、鶴岡八幡宮と並んで『相模の国の一宮』である。

八方除けとは、(東西南北の)方位や、家や土地の相、お日柄などを組み合わせて、災厄を祓うための『祈願』とされている。
ここ、寒川神社は日本で唯一の八方除けの守護神として、多くの信仰を集めている。

↓『方位盤と渾天儀』をモチーフにした像。

おそらく、『朝拝(朝の令)』を行っているのであろう。
多くの神職、社人や巫女が揃っていて、何とも厳かな気分になる。
全国の、ほとんどの神社が宮司一人や家族のみといったところが多い中で、規模の大きさを窺える貴重なシーンである。

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]
コメントの入力は終了しました。