20人以上で渡るな!日本一の『谷瀬吊橋』と『十津川温泉』(奈良)

愛知県は春日井市の中央自動車道『内津峠サービスエリア』ここには、ちょっとうれしい自販機がある。

その名も『カップ麺市場』。全国の有名なご当地ラーメンのカップ麺を味わえてしまうのだ! 北海道、青森、仙台・・・これはスルーできまい。

その後、走りに走って、奈良県は十津川村(和歌山との県境の村)にある山合いの川『十津川』に到着する。ここは、かつて日本一長いと言われた『谷瀬の吊り橋』が架かっている。

その長さ297メートル、川面からの高さはなんと54メートルもあるという。

「20人以上で渡るな」と言う注意書き。

この時間、さほどの混雑はしていないが、日によっては観光客が大挙して押し寄せるのだろう。

だが21人目を制する管理体制は敷かれていないようだ。

渡り始めはシッカリとした安定感を感じ、安心したものの、橋の中央部まで来るとさすがに揺れを感じる。

インディージョーンズや、色々な冒険映画で必ず出てくる、あの“お約束”のシーン。

吊り橋が真ん中で切れて、主人公が必死でしがみ付く絵が脳裏に浮かぶ。54メートル・・・

そう言えば、主人公御一行はどうにか助かるが、悪の手下数名は、そのまま谷底に落ちるのが定番だ。

十津川村観光協会のHPによれば、その昔、村人1人ひとりが信じられない位の出資をして、ようやく架けた生活橋とのこと。ありがたく渡らせていただいた。

「湯泉地温泉(ようせんじおんせん)」にある『泉湯(いずみゆ)』アルカリ性単純硫黄泉。

十津川を約9kmほど下ると十津川温泉郷に到着する。

庵の湯(いほりのゆ)では、飲泉ができる。

桜色に染まり始めた十津川の風景。

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ジパング[レンタングル大336*280]
コメントの入力は終了しました。